請求書ファクタリング 審査甘い

【PR】






























































































ファクタリングとは

ファクタリングは、企業が販売した商品や提供したサービスに対する未回収の売掛金を、金融機関やファクタリング会社(ファクター)などの第三者に売却する取引のことを指します。この取引により、企業は即座に現金を受け取ることができ、買い手であるファクターは売掛金の回収を担当します。

ファクタリングの仕組み

企業が商品やサービスを販売した際、売掛金が生じます。通常、売掛金は一定期間(例えば30日または60日)後に支払われるため、企業はその期間中に現金を手に入れることができません。そこで、ファクタリングが活用されます。
ファクタリングの仕組みは以下のようになります。

  • 1. 企業が商品やサービスを販売し、売掛金が発生する。
  • 2. 企業はファクタリング会社に売掛金を売却する契約を締結する。
  • 3. ファクタリング会社は売掛金の一部(通常は約80〜90%)を即座に企業に支払う。
  • 4. 売掛金の残額(ファクタリング手数料やその他の手数料を差し引いた金額)は、売掛金が支払われる際に企業に支払われる。
  • 5. ファクタリング会社は売掛金の回収を行い、回収された売掛金はファクタリング手数料やその他の手数料を差し引いた後、企業に支払われる。

ファクタリングの利点

ファクタリングには、以下のような利点があります。

  • ・即座に現金を手に入れることができるため、企業の資金繰りが改善される。
  • ・売掛金の回収リスクをファクタリング会社に委託することで、企業は売掛金の回収に関するリスクを軽減できる。
  • ・売掛金の管理や回収業務を外部に委託することで、企業の業務効率が向上する。

ファクタリングの種類

ファクタリングには、リソースベースファクタリング、ノンリソースベースファクタリング、逆ファクタリングなどの種類があります。

  • ・リソースベースファクタリング:売掛金の一部または全額を保証するリソース(保証金や不動産など)が必要なファクタリング。
  • ・ノンリソースベースファクタリング:リソースを必要とせず、売掛金のみを対象とするファクタリング。
  • ・逆ファクタリング:売掛金ではなく、未払いの債務を売却する取引。

ファクタリングの注意点

ファクタリングを利用する際には、以下のような注意点があります。

  • ・ファクタリング手数料やその他の手数料が発生するため、コストがかかる。
  • ・ファクタリング会社との契約内容や条件に注意し、十分な検討が必要。
  • ・企業のイメージや信用に影響を与える場合があるため、慎重に取引先を選定する必要がある。
  • ・逆ファクタリングの場合、債務の売却により企業の財務状況が悪化する可能性があるため、リスクを十分に把握する必要がある。

以上が、ファクタリングの基本的な仕組みや利点、注意点についての情報です。

タイトルとURLをコピーしました