現在の位置:HOME > もってこ〜い市民力

もってこ〜い市民力

 

お知らせ 初回放送日:平成30年1月9日
自然共育コミュニティ 森のわ
「親子森遊び〜もりのおうち」
 市民活動団体「自然共育コミュニティ 森のわ」は自然に触れる遊びを通して、さまざまな人が身近な自然に気づき、自然の中でコミュニティを形成し、共に育み合う場づくりを行っています。
 親子で森の中のスープ作りや五感を使った季節の遊びをする親子森あそび「もりのおうち」、畑や田んぼで遊び、野菜を作る喜びを体験する親子野あそび「さとのおうち」、慌しい日常生活から離れて森で過ごす、オトナの森あそびなど、自然の中でさまざまな遊びを交えたコミュニティの場づくりのイベントを企画し、実施しています。
 今回、市民の森で親子森あそび「もりのおうち」を実施しました。
 自然に触れる機会を持ちたいと願っていた親子と自然と子どもが大好きなスタッフによる森の遊びのひと時を過ごしました。
 自然共育コミュニティ森のわは、気兼ねなく森で過ごせる空間作りを行っています。
 皆さんも参加してみませんか。


【問い合わせ】
【自然共育コミュニティ 森のわ】 E-mail info@morinowa.org

西北の未来について考える
 長崎市では人口減少や少子化・高齢化など時代の変化の中で、これからの将来を見据えた地域コミュニティのしくみづくりを進めています。
 こうした中、西北校区では、「どんなまちにしたいか」「どういう取組みを行っていくか」という将来のプランである「まちづくり計画」を策定するために、地域住民や団体のみなさんによる話し合いが始まりました。
 第1回となる今回は、西北校区の「いいところ、好きなところ」や「心配なところ」「日頃感じていること」についての話し合いが行われ、西北校区に対するみなさんの熱い思いを感じる1日となりました。
 この話し合いの場は、報告会も含めて全4回を予定しています。西北校区では、10年、20年先も暮らしやすいまちをつくるために、地域のつながりを深めながら、みんなで一緒にまちの将来を考えていきます。


【問い合わせ】
地域コミュニティ推進室 tel:095-829-1283