現在の位置:HOME > もってこ〜い市民力

もってこ〜い市民力

 

お知らせ 初回放送日:平成29年9月5日
NPO法人インフィーニティー 「ながさkids★town」
 「NPO法人インフィーニティー」は、長崎シビックホールで保育支援や育児相談など子どもを中心とした生きるための地域づくりや保育環境をつくる様々な取り組みを行っています。
 その活動の一環としてこのたび第5回こどものくに「ながさkids★town」を開催しました。
 これは、子どもたちだけでつくる仮想の社会で仕事をし、給料を貰い、銀行や税務署といった社会の仕組みを疑似体験することで、未来につながる社会づくりと地域社
会への参画のきっかけづくりにしようと実施したものです。参加した子どもたちは、ハローワークで仕事を選び、自分で選んだ職業の仕事をして給料を貰います。税務署
で税金も納め、得たお金で遊んだり、食べたり、買い物もできます。また、起業したり、市長選挙もあります。
 企画段階から取り組み、イベントの運営スタッフを行っているのは、長崎シビックホールを巣立った小学生や中学生たちです。
 はじめは知らない子どもたち同士が、互いに協力し合い、課題を解決しようとする姿に未来の社会を担う力強さや逞しさが感じられるようでした。


【問い合わせ】
【NPO法人インフィーニティー】 tel:095-822-8161

自然から学ぼう
〜高城台森づくり会・炭出し体験〜
 周囲を森に囲まれた高城台地区では、その豊かな環境を活かそうと自治会会員による「高城台森づくり会」を結成し、月2回程度、里山作りの活動を行っています。
 山林の間伐や遊歩道の整備等を行うとともに、整備した場所に桜、シャクナゲなどを植樹して環境の美化に努めています。また、ピザ窯やかまどを製作するなど、地域住民の交流を図る活動も行っています。
 夏休みのこの日は、高城台小学校のコミュニティスクールと連携し、子どもたちと一緒に炭窯内の炭出し体験を通じての環境学習や災害時に電気やガスを使用せずに羽釜で炊いたご飯が食べられるという、昔の暮らしを体験することもできました。
 最後には、森林内の竹を利用し器や箸を作った後、そうめん流しや炭出しした炭で焼いたピザを試食し、子どもたちにとって、夏休みの良い思い出となりました。
 高城台森づくり会は、子どもたちが将来も住みたいと思える街、また、地域貢献ができるような子どもを育てる街を目指し、これからも住民同士が触れ合う機会を作っ
ていきます。


【問い合わせ】
地域コミュニティ推進室 tel:095-829-1283