現在の位置:HOME > もってこ〜い市民力

もってこ〜い市民力

 

お知らせ 初回放送日:平成28年5月13日
NPO法人ほほえみながさき
 NPO法人「ほほえみながさき」は、透析治療を受けている患者さんや難病・障害を持つ方の治療時に、自宅と病院間の送迎支援のボランティアを行っている団体です。治療中の患者さん同志の会話がきっかけで、互いに助け合おうと仲間を募り、平成12年に活動を開始しました。
 16年目となる現在12人のボランティア・スタッフで日々活動を行っていますが、近年はスタッフが不足するほど利用の相談や依頼が増えています。
 「安全運転第一」をモットーに、これまで無事故を継続しています。
 また送迎の途中で利用者の容態が悪くなった場合も、医療機関のスタッフの方々との連携により、迅速適確な対応を行えるため、利用者や家族の方々からの信頼も得て、多くの方に喜んでいただいています。
 今後は、さらに積極的な広報活動を行いスタッフ及び会員の拡大を図るとともに、組織的に他の団体や行政機関との連携強化を行い、ボランティアによる通院送迎支援サービスの充実を図っていきます。
 皆さんも一緒にボランティア活動に参加してみませんか。


【問い合わせ】
NPO法人ほほえみながさき tel:095-849-3239

式見町下浜自治会
 「地域のささえあいの力で災害に備える」

 海に近い式見町下浜地区では、もしもの災害に備え、地域のささえあいの力を強化しています。
 これまで、災害時を想定して、地域の避難所や危険な場所などを地図に印した「防災マップ」に加え、お年寄りや体の不自由なかたなど、ひとりで避難することが難しい避難行動要支援者を住民サポーターが支えるしくみを取り入れた「防災ささえあいマップ」をつくり、定期的に情報の更新を行うとともに、避難訓練を実践するなど、地域の防災の力を強めるための様々な取組みを行ってきました。
 今回、「防災ささえあいマップ」の更新時期にあわせ、住民サポーターのみなさんを対象に、長崎市消防局の職員を講師に迎え、心肺蘇生法やAEDの使い方など、より実践の場面を想定した「第1回サポーター講座」を開催し、サポーターのみなさんのスキルアップを目指しました。
 式見町下浜地区では、これからも地域のささえあいの力で、災害に強い安全安心なまちづくりを進めていきます。

【問い合わせ】
地域コミュニティ推進室 tel:095-829-1283