現在の位置:HOME > もってこ〜い市民力

もってこ〜い市民力

 

ミニ出島修復
お知らせ 初回放送日:平成27年3月13日
 出島和蘭商館跡にある「ミニ出島」は、川原慶賀が1820年ごろの出島を描いたとされる「長崎出島之図」を参考に1/15に縮小して再現した模型で、昭和51(1976)年に設置、平成12(2000)年に改修されたものです。来場者からも人気の高い展示ですが、屋外に設置されており、年月の経過に伴い老朽化が著しくなってきたことから、長崎市出島復元整備室が県立長崎工業高等学校建築科に協力依頼し、平成24年度から協働による修復が開始されました。
 作業は3年生の課題研究の一環として行われており、作業を行う生徒たちは現地視察や出島復元整備室からの講義を通して出島についての知識を深め、提供された図面等を基に模型の製作、屋根部分の修復、基礎工事などを行っています。これまで平成24年度に5棟、平成25年度に6棟の修復を行っており、平成26年度は8棟の修復を予定しています。
 両者が協働することで、「ミニ出島の低予算での模型修復」や「授業の一環として製作したものが社会貢献につながる」という双方の目的が実現するだけでなく、出島を訪れる観光客へのサービス向上につながるなど相乗効果が生まれています。


【問い合わせ】
出島復元整備室 tel: 095-829-1194