現在の位置:HOME > もってこ〜い市民力

もってこ〜い市民力

 

地域おこし協力隊(野母崎地区の活動)
お知らせ 初回放送日:平成26年7月8日
地域おこし協力隊とは、人口減少や高齢化等の進行が著しい合併地区において、地域外の人材を積極的に誘致し、その定住・定着を図ることで、地域力の維持・強化を図っていくことを目的とする取り組みです。
長崎市では現在5名の隊員が活動中で、行政センターが、隊員の活動支援・定住支援をすることで、行政だけではできない新しい発想や行動による新しい視点での取り組みが生まれてくるなど地域の活性化につながってきています。
野母崎地区の隊員は、地域資源を活用した新たな企画(「軍艦島と夜光虫クルージング」「のもざきヨカ隊」など)のほか、現在は、閉店したレストランを活用したコミュニティカフェ「リップル」の運営にも力を注いでいます。
 コミュニティカフェとは、地域住民が集い、交流の拠点となる場所として近年注目を浴びており、リップルでは音楽や美術などのアートイベントやワークショップなどが随時開催されています。
地元住民、行政などを枠を超え、野母崎を元気にしようとする人が力を出し合うことで、このコミュティカフェが地元の人も地域外の人も集まる場所となり、野母崎地区の魅力発信、交流活性化につながっていくことが期待されています。