現在の位置:HOME > もってこ〜い市民力

もってこ〜い市民力

 

団塊シニア世代セカンドデビュー応援事業
お知らせ 初回放送日:平成25年12月13日
 現在、団塊シニア世代と言われる50〜69歳の長崎市内の人口は約128,000人。この中には、地域との関わりを持たず、時間の活用を見いだせない方が多いのが現状です。戦後の高度経済成長を支えた世代の豊富な経験や知識が活かされないのは、まさに「もったいない!」
 こうしたことから、平成23〜24年度の長崎市提案型協働事業として「団塊シニア世代セカンドデビュー応援事業」を行い、(特非)新現役の会長崎センターと市民協働推進室が協働で情報誌「ながさきダンカーズ」を発行したところ、多くの市民の方から反響があり、平成25年度も継続して発行を行っています。
 情報誌の企画は、両者が一緒に行っており、(特非)新現役の会長崎センターが取材、誌面の作成・発行、モニタリング、読者アンケートを、市民協働推進室が行政情報の収集、情報誌の配付、広報PRをと、お互いに役割分担をして事業を進めています。
 団塊の世代向けの情報誌を発行していくなかで、団体のメンバーが持っている豊富な知識や経験がおおいに発揮されており、行政だけではつかみきれない団塊世代のニーズや情報を収集することができたり、取材を通して団塊世代の人的ネットワークが構築されてくるなど、協働の効果があらわれてきています。


【問い合わせ】
市民協働推進室 問い合わせ tel:095-829-1125